ダイブマスター・コース

When you Join the Tribe™ by becoming a PADI Divemaster, you align yourself with the largest and most respected dive tribe in the world—that of PADI Professionals. These are PADI Divemasters and Instructors sharing a passion for diving and an active concern for the health of the world’s underwater habitats. 

他人を指導し、意欲を引き出すリーダーになろう。ダイビングの知識、監督能力を身につけ、世界中のダイバーの模範となる。

PADIダイブマスターコースは、リーダーとしてダイビングのアクティビティを担当することを学びます。知識開発セッション、ウォータースキルエクササイズやワークショップ、実践的な実技審査を通して、様々なスクーバダイビングのアクティビティを企画・運営するスキルを身につけます。

  • PADIダイブマスターの役割と特徴
  • ダイビング活動の監督と学生ダイバーの支援
  • ダイバーの安全とリスク管理
  • ダイブマスターが実施したプログラムと専門スキル
  • ダイビングのビジネスとキャリア
  • ダイビング環境に対する認識
  • ダイビングのセットアップと管理
  • オープンウォーターサイトの地図作成
  • ダイブブリーフィングの実施
  • サーチ&リカバリープロジェクトとディープダイブの開催
  • スクーバレビューとスキンダイバーコースの実施
  • ディスカバー・スクーバ・ダイビングのアシスト、ディスカバー・ローカル・ダイビング・プログラムの指導

コースの詳細と必要条件

年齢条件
18歳以上

コースの前提条件
レスキューダイバー、40ダイブ以上、24ヶ月以内にCPRとファーストエイドを取得、過去12ヶ月以内にダイビングのメディカルクリアランスを取得。

所要時間
おおよそ50時間

器材

ダイビングのプロとして、ダイブコンピューター、カッティングデバイス、最低2つの水面シグナル装置など、基本的なスクーバ装備はすべて揃えておきたいものです。水中マッピングやサーチ&リカバリーなどの実技では、コンパス、浮き輪、マーカーブイ、リフトバッグ、スレートなどを使用することになります。レンタル器材が必要な場合は、必要なものをすべて提供します。

PADIダイブマスターとして成功するために必要なその他のコース

  • ディープダイバー(強く推奨)
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター
  • エンリッチド・エア・ダイバー
  • 機材スペシャリスト
  • ナイトダイバー
  • ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー