ダイブマスター・コース

When you Join the Tribe™ by becoming a PADI Divemaster, you align yourself with the largest and most respected dive tribe in the world—that of PADI Professionals. These are PADI Divemasters and Instructors sharing a passion for diving and an active concern for the health of the world’s underwater habitats. 

他人を指導し、意欲を引き出すリーダーになろう。ダイビングの知識、監督能力を身につけ、世界中のダイバーの模範となる。

PADIダイブマスターコースは、リーダーとしてダイビングのアクティビティを担当することを学びます。知識開発セッション、ウォータースキルエクササイズやワークショップ、実践的な実技審査を通して、様々なスクーバダイビングのアクティビティを企画・運営するスキルを身につけます。

  • PADIダイブマスターの役割と特徴
  • ダイビング活動の監督と学生ダイバーの支援
  • ダイバーの安全とリスク管理
  • ダイブマスターが実施したプログラムと専門スキル
  • ダイビングのビジネスとキャリア
  • ダイビング環境に対する認識
  • ダイビングのセットアップと管理
  • オープンウォーターサイトの地図作成
  • ダイブブリーフィングの実施
  • サーチ&リカバリープロジェクトとディープダイブの開催
  • スクーバレビューとスキンダイバーコースの実施
  • ディスカバー・スクーバ・ダイビングのアシスト、ディスカバー・ローカル・ダイビング・プログラムの指導

コースの詳細と必要条件

年齢条件
18歳以上

コースの前提条件
レスキューダイバー、40ダイブ以上、24ヶ月以内にCPRとファーストエイドを取得、過去12ヶ月以内にダイビングのメディカルクリアランスを取得。
DMコース参加のために15日間のトレーニング日数を要します。20日以上の滞在日数を準備してください。

事前学習

e-learningオンライン学習
ファイナルイグザム

水中スキル実習

実習1: 400メートル/ヤード水泳
実習2: 15分間立ち泳ぎ
実習3: 800メートル/ヤード・スノーケルスイム
実習4: 100メートル/ヤード疲労ダイバー曳行
実習5: 器材交換
レスキュートレーニング
24スキルサーキット

実践応用

スキル 1 −ダイビングポイントでのセッティングと管理 
スキル 2 −水中地図の作成 
スキル 3 −ブリーフィング 
スキル 4 −サーチ&リカバリーのシナリオ 
     または PADI サーチ&リカバリー・ダイバー・スペシャルティ認定
スキル 5 −ディープダイビングのシナリオ 
     または PADI ディープ・ダイバー・スペシャルティ認定

ダイブマスターが実施できるプログラムのワークショップ

ワークショップ1−限定水域でのスクーバ・リビュー
ワークショップ2−スキン・ダイバー・コースとスノーケリングの監督 
ワークショップ3−限定水域でのDSDプログラム 
ワークショップ4−DSDプログラムの追加のオープンウォーター・ダイブ 
ワークショップ5−オープンウォーターでのディスカバー・ローカル・ダイビング 

実践評価

実践評価1−限定水域でのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒 
実践評価2−オープン・ウォーターでのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒 
実践評価3−オープン・ウォーターでの継続教育生徒ダイバー 
実践評価4−オープン・ウォーターでの認定ダイバー

プロフェッショナリズム

トレーニングセッションへのアクティブで積極的な参加のレベル 
生徒ダイバーに対して良き助言者としての役割を果たす能力 
指示に従う前向きな態度 
生徒ダイバー、ダイバー、スタッフに対する積極的な姿勢と振る舞い 
環境を大切にすることに対する積極的な姿勢と実践 
ダイブマスターの役割についての理解 
身なり、服装などの外見

日程内容
Day 1クラスルーム
限定水域
申込手続き
DMマニュアルのチャプター第1章
レスキュートレーニング /
Day 2限定水域400m / 15分立ち泳ぎ / 24スキルサーキット
Day 3ワークショップ5ディスカバー・ローカル・ダイビング
100m疲労ダイバーの曳行
Day off
Day 4限定水域800m / 24スキルサーキット/ 器材交換
Day 5海洋実習実践応用1,2,3(セッティングと管理 / ブリーフィング / 水中地図の作成)
Day 6海洋実習
限定水域
サーチ&リカバリーのシナリオ
24スキルサーキット
Day off
Day 7海洋実習ディープダイビングのシナリオ
Day 8ワークショップ5ディスカバー・ローカル・ダイビング
Day off
Day 9実践評価1限定水域でのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒
Day 9実践評価2オープン・ウォーターでのオープン・ウォーター・ダイバー・コース生徒
Day 10実践評価3オープン・ウォーターでの継続教育生徒ダイバー 
Day 11実践評価4オープン・ウォーターでの認定ダイバー
Day off
Day 12ワークショップ3
ワークショップ4
限定水域でのDSDプログラム
DSDプログラムの追加のオープンウォーター・ダイブ
Day 13
Day 14
Day 15
DM course Preschedule

ダイブマスターコースの費用

項目費用
ダイブマスターデジタルクルーパック(必須)49,048円
トレーニング(ボート/タンク/施設使用料/器材代は含まれます)200,000円
PADI申請料28,270円
合計277,318円

ダイブマスターコースに含まれないもの
宿泊費 / 交通費 / 食事

器材

ダイビングのプロとして、ダイブコンピューター、カッティングデバイス、水面シグナル装置など、基本的なスクーバ装備はすべて揃えておきたいものです。水中マッピングやサーチ&リカバリーなどの実技では、コンパス、浮き輪、マーカーブイ、リフトバッグ、スレートなどを使用することになります。レンタル器材が必要な場合は、必要なものをすべて提供します。

PADIダイブマスターとして成功するために必要なその他のコース

  • ディープダイバー(強く推奨)
  • エマージェンシー・ファースト・レスポンス・インストラクター
  • エンリッチド・エア・ダイバー
  • 機材スペシャリスト
  • ナイトダイバー
  • ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー